情報漏えい対策を考える

社員の意識改革が必要

社内の重要な機密事項が漏れる事態は絶対に避けなければいけません。
場合によっては会社に大きな損害をもたらすだけでなく、取引先や顧客から信頼を無くすことで存続の危機にさらされる可能性も高くなります。
確実に情報漏えいを防ぐためには、一筋縄にはいかない部分があります。
様々な情報を取り扱うのは、機械だけでなく人間も含まれています。
完璧に仕事をこなしているつもりでも、うっかりミスをしてしまうことも考えられます。
場合によっては意図的に情報を漏らしてしまう場合もあります。
情報漏えい対策としては、会社で様々な情報を取り扱っている社員一人ひとりの意識を改善することが重要です。

参考:情報漏洩対策サイト 原因の80%は内側にアリ

内部に原因がある場合が多い

外部からハッキングされて情報漏えいするケースもありますが、強固なセキュリティ対策を実施することで防ぐことは可能です。
情報漏えいする大きな原因は、会社の内部に何らかの問題がある場合が多いです。
厳重に取り扱うべき大事な情報ですが、本来の業務マニュアルとは異なる方法で仕事に従事していたことが原因になる場合もあります。
例えば、仕事で使用しているノートパソコンを急用で外出先でも使用しなければいけなくなったため持ち出したところ、ちょっと目を離した隙に盗まれてしまいパソコンに保存していたデータまで盗まれたというケースがあります。
ノートパソコンにしっかりパスワードでロックをかけていれば良かったのですが、面倒だということでロックをしていなかったので誰でも簡単に中のデータを閲覧できるようになっていました。
社内では基本的には社外に持ち出ししないようにすること、万が一持ち出しする場合にはしっかりとパスワードロックをかけるようにというルールを作っていたそうです。
あらかじめ決められていたルールを守っていなかったばかりに、情報漏えいが発生したという事例がたくさん存在しています。

この他には自宅でも使用していたUSBメモリを会社でも使用したことが原因になる場合もあります。
意図的に社内の情報を盗み出して外部に漏らすという事例も多いです。
特に個人情報についてはあらゆるところでニーズがあるため、厳重な管理をかいくぐって盗み出すケースが頻繁に発生しています。

情報漏えい対策の基本

外部に情報を漏らさないためには、大事な情報を取り扱っていることを社員一人ひとりが自覚しなければいけません。
万が一情報が漏れた場合にはどんなに大変な事態が待っているのかをシュミレーションしながら、絶対に引き起こしてはならないことだと再認識させることが大切です。
特に大事な情報を取り扱っている担当者は一人きりにするのではなく、複数の人で管理する体制を整えることも大事です。